DISCOGRAPHY

ANALOG

Under My Skin/チャンガラ552 [Analog]

1 Under My Skin
2 チャンガラ552

Back In Town / ジェロニモ2021 [Analog]

1 Back In Town
2 ジェロニモ2021

CD ALBUM

bird,bird&bird

1 bird
2 そう、あなたとならば feat. ジョナゴールド of RINGOMUSUME
3 Yell
4 gregory
5 THE END
6 ペイントマンとチャップマン
7 ある日、ある瞬間のバラード
8 グラスの声
9 黄昏の歌
10 宇宙の彼方、こんな街角、片隅で
11 ロイヤルスウィートバニラ

背水の新

1 opening MC
2 ダンデライオン
3 あの日見た夢
4 ジェロニモ
5 happiness
6 Door
7 Life is…
8 素敵な世界
9 我慢の限界
10 一と二
11 涙
12 1,2の,3,死へGO

夢で逢えたら

Vo.葛西が歌う「いらだち」というか「衝動」のようなもの、
5人なのにカルテットのバンドが紡ぎ出す、
どこか懐かしい曲の世界が魅力のファーストアルバム。

01. 雨ふらしカルテットのテーマ#1
02. 夢で逢えたら
03. アレコレ
04. 枯れた葉っぱ
05. 黄昏の唄
06. 時計じかけ
07. in the window
08. また明日

SINGLES

吉ヱ門

ここは青森十和田
海鮮居酒屋
その名も隠れ家「吉ヱ門」

グラスの声

2016.10.30発表
工芸作家 湊久仁子のガラス展「+α=∞」のために描き下ろした楽曲

満天クライマー

満天クライマー作詞 葛西孝道 作曲 サーカス田中制作チームはいつもの二人2019/5/21(火)~全国のローソンで限定発売される、ヤッホーブルーイング社の「僕ビール、君ビール。満天クライマー」サポーターソング。よなよなエールでお馴染みのビールメーカーと、ビール好きで知られる雨ふらしカルテットとの、スタッフ間のTwitterの舌戦から生まれた異色コラボ作品。ビールから楽曲「満天クライマー」として生まれ変わる。手を伸ばした先に何がある?進んだ先に何がある?本能的に、達観的に、楽しむことにだけ実直に、道を行く。糸を手繰る。遊びこそ人生だったあの頃のように。

THE END

雨ふらしカルテットファンクラブ会長の杉尾好男さんが2018年1月14日に天国に旅立ちました。

ナニワの愛すべき オッちゃんに捧げます。本当にありがとうございました。

イラスト yuki yamamoto(OVERALL’s)
http://www.yuki-yamamoto.com

5匹のアリンコは雨ふらし。
身の回りを愛でる杉尾さん。
その辺のツツジ。
電柱。
鳩。
家から見える景色。
夕日。
月。
天国でも明日を見てる。登って行くように描いた。(yukiyamamoto)